秋向きの酒

”ひやおろし”とは春にできた新酒を夏の間貯蔵し、秋から冬にかけて瓶詰めして出荷したものです。日本酒は通常、貯蔵前と瓶詰め前の2回の火入れ(加熱殺菌)を行ないますが、ひやおろしの場合は貯蔵前に1度だけ火入れを行い、出荷時は火入れを行いません。生(ひや)で瓶詰めをすること、また秋から冬の冷える季節に出荷されることから”ひやおろし”と呼ばれます。紅葉の季節に秋の食材と一緒にお楽しみ下さい。

純米吟醸 ひやおろし

純米吟醸 ひやおろし

上品な香りと純米酒特有のコク、米の旨みが生きた芳醇な味わいが特徴です。まさに秋の食材にぴったりなお酒です。ぬる燗にしていただいてもおいしく頂けます。
内容量:720ml
日本酒度:+3  アルコール:16度以上17度未満  酸度:1.8

\1,600

吟醸 ひやおろし

吟醸 ひやおろし

熟成したまろやかな味わいの中にある吟醸酒特有のスッキリ感が特徴です。新米新酒と飲み比べしてお楽しみください。
内容量:720ml
日本酒度:+2  アルコール:16度以上17度未満  酸度:1.5

\1,100